腎臓病 食事療法 宅配食事

腎臓病食事療法

 

腎臓病と言えば腎臓の働きが悪くなることですか、放っておいて腎臓機能がどんどん低下して重度の慢性腎不全になってしまうと人工透析などは必要になってきます。

 

人工透析が必要なレベルになってくると週に何回か病院に行かなければいけなくなるので大変です。
また糖尿病との合併症などもよくあることなのでさらに大変です。

 

こうなってしまう前に早期の治療が必要ですが、やはり大事なのは食事です。
栄養のバランスがとれた食事を取るのはもちろんですが、タンパク質やカリウムを摂りすぎないことや塩分を控えることも大事です。
ですがエネルギーはしっかり摂らないといけなかったりするのでとても難しいです。

 

このように腎臓病の場合、摂取するのに気をつけないといけない成分が多いので大変です。
タンパク質に関しては何となく分かると思いますが、カリウムはどの食材に多く含まれているのかあまり分からなかったりするので気をつけないといけません。

 

料理をするにしてもとても大変なので腎臓病向けの食事宅配サービスが便利だと思います。
詳しくは下の方で紹介しているので興味のある方は見てください。

 

まずは腎臓病の人におすすめの成分(食べ物)です。

腎臓病の人におすすめの成分(食べ物)

 

 

腎臓病で通院している人は、医師から細かく食事制限をされている人が多数いるでしょう。
成分などにも注目しながら、くわしく調べてみます。
控えるべき食品が多い中、腎臓病の人におすすめの食べ物はあるのでしょうか。

腎臓に良いといわれる食品

 

腎臓病の人は、良質のたんぱく質を摂ると良いとよくいわれますが、良質のたんぱく質とはどういうものなのでしょうか。
腎臓になるべく負担をかけないためには、老廃物を作らないたんぱく質を摂る必要があります
老廃物の生産を抑え、さらにDHAやEPAを多く含む青魚やオルニチンを多く含むシジミは、腎臓に良い食品といえます。
また、ビタミンDを多く含む鮭やうなぎもおすすめです。
肉類では、牛肉より豚肉や鶏肉が良質たんぱく質だといわれています。
また、キノコ類もオルニチンを多く含む食品ですが、ホンシメジはシジミの約10倍のオルニチンがあるといわれていておすすめです。
果物の中では、利尿作用があるため腎臓の働きを助けるということで、スイカが良いといわれています。

 

ただ、たんぱく質は摂りすぎてもいけませんので注意が必要です。

治療用特殊食品を利用する

 

腎臓病の食事制限は、全てを自炊でまかなおうとするとストレスもたまりますし、なんといっても作る人が大変です。
良質のたんぱく質を摂るのはいいとわかっていても、良質たんぱく質を摂りつつカロリーも制限内に抑えるのは難しかったりします。
十分なエネルギーと栄養素を確保しながら、バリエーションにとんだ献立を作るために、治療用特殊食品を利用するととても便利です。

 

名前のとおり治療用に開発された食品ですので、低たんぱくでエネルギーと栄養素はしっかり摂れる工夫がされています。
まずは、主食だけでも使用してみるがおすすめです。
もちろん、主食と副食の両方を治療用特殊食品にしている人も少なくないですよ。

栄養士監修の宅配食事を利用する


出典:食宅便

 

腎臓病の食事療法を続けている人の中には、上手に宅配食事を利用している人も多いようです。
栄養士がたんぱく質や塩分を計算した上で、美味しく食事できる工夫がされているので人気があるようです。
さらに、含有たんぱく質の量も症状によって選べるようになっているところが、とても親切です。
最近は、腎臓病用の宅配食事を扱っている会社がどんどん増えてきていますので、飽きることなく食事療法を続ける助けになるでしょう。

 

腎臓病の食事療法は毎日のことですので、通販などで買える治療用特殊食品や宅配食事はとても便利です。
楽しく治療を続けるためにも、一度試してみてはいかがでしょうか。

腎臓病の方が控えるべき成分(食べ物)

 

腎臓病の人は、カロリーからたんぱく質、塩分などの量について摂取量の指示が出されますので、指示に従った食事を摂らなければなりません。
腎臓病の人は、どんな食べ物を控えるのがよいのでしょうか。

たんぱく質を控えて、エネルギーは十分に

 

腎臓に負担をかけないためには、まずたんぱく質の量を減らして老廃物の量も減らす必要があります
しかし、摂取エネルギーを減らしては、不足エネルギーを補うために筋肉が分解されてしまって、かえってよくありません。
必要最小限のたんぱく質を摂りつつ、脂質と糖質でエネルギーを補う食事が理想的といえるでしょう。

 

油、砂糖、でんぷん類にはたんぱく質は含まれません。
その他の食品には、全てたんぱく質が含まれています。
ご飯や麺にもたんぱく質が含まれているので、摂り過ぎは注意です。
ケーキやアイスクリームなどの甘い物にも、かなりのたんぱく質が含まれていますので気をつけてください。

食塩は控えて腎臓をいたわるように

 

腎臓病の人も高血圧の人と同様に、食塩の制限をする必要があります。
塩分は腎臓によって体外に排出されますので、機能が低下している腎臓病の人には負担がかかります。
腎臓病を高血圧、両方治療している人は特にきちんと管理することが大切です。

 

汁物やラーメンなどの麺類は、食べないようにする方が無難です。
漬け物や梅干しなどは、少量でも塩分が含まれていますので避けるようにしましょう。
魚の干物や塩物、ハムなどの加工食品、練り物にも塩分が多く含まれていまので、生の魚や肉を上手に調理して食べることを心がけましょう。

カリウムはうまく調理して減らす

 

カリウムも腎臓から排出されるため、腎臓病の人はカリウムの摂取量も制限される場合があります。
カリウムもほとんどの食品に含まれていますが、水に溶ける性質がありますので、ゆでることで減らすことが可能です。

 

通常生で食べる物で、カリウムが多いのはトマト、バナナ、キウイ、メロンなどでなるべく控える方がいいでしょう。
缶詰は、生よりカリウムが少なめになっています。
かぼちゃもカリウムが多い野菜ですが、小さく切ってゆでこぼしてから調理するなど、工夫しだいで食べることができます。
また、キャベツやタマネギは、千切りにして水にさらすだけでも、カリウムを減らすことができます。

 

食事制限されている人も食事を楽しむために、最近はたんぱく質制限の宅配食事なども人気があります。
症状によってたんぱく質の含有量が選ぶことができるので、とても安心ですよ。

腎臓病の方が食事で注意するポイントまとめ

 

食事管理をするのが大変な病気の一つが腎臓病です。
たんぱく質や塩分の量を制限されることが必須な腎臓病の人は、食事を楽しむために宅配食事を利用する人も多いようです。
腎臓病の人が食事で注意するポイントについて、まとめてみましょう。

たんぱく質を摂りすぎないようにする

 

たんぱく質は、人間の肉や血を作るためには大切な栄養素です。
しかし、たんぱく質はエネルギーとして使われるのと同時に、尿素窒素などのような老廃物を作ります。
この老廃物を体外に排出する働きをするのが腎臓です。
腎臓の機能が弱っている人がたんぱく質を摂りすぎると、ますます腎臓に負担をかけてしまいますので、まずはたんぱく質を制限するように指導されるのです。

塩分を控える

 

塩分も腎臓から排出されますので、腎臓が弱っている人が塩分を摂りすぎると、塩分が正常に排出されず体内に残ってしまいます。
そうなると、体がむくんでしまったり血圧があがったりします。
高血圧になると、さらに腎臓に負担がかかることになりますので、塩分はきちんと管理することが大切です。
腎臓病の人は、一日に3グラムから6グラムの塩分摂取が理想的です。

カリウム摂取を制限する

 

腎臓病が重症な人ほど、カリウムの制限が大切だといわれています。
腎不全が進行してカリウムが体外に排出されなくなると、不整脈や心臓停止につながる高カリウム血症になってしまいます。
カリウムは食品のほとんどに含まれていますので、どの食品にどれくらいのカリウムが含まれているのかを、まず知る事が重要です。
カリウムは調理法によっても減らすことができますので、食べ方を工夫するのもいいことです。

良質たんぱく質でエネルギーをしっかり摂る

 

たんぱく質を減らすと同時に摂取カロリーを減らす人がいますが、それは腎臓にとって逆効果になります。
腎臓病の人の食事療法で最も大切なのは、良質のたんぱく質を摂るということです。
良質のたんぱく質を摂るといっても難しいんですけどね。
さらに、良質のたんぱく質とは、アミノ酸価が高く老廃物を作らないメリットがありますが、少量で一日に摂取するたんぱく質量を超えてしまうデメリットがあります。
そこで今注目されているのが、たんぱく質量を抑えてエネルギーはしっかり摂れる、治療用特殊食品です。
特に主食を治療用特殊食品に変えることは、腎臓病治療にとても有効的でしょう。

 

腎臓病の人の食事療法は、たくさんの制限がありとても大変です。
宅配や通販をうまく利用して、美味しい食事を楽しめるように自身が工夫することも大切です。

腎臓病に宅配食事サービスがおすすめ

 

腎臓病の方が一番大変なのは食事ですね。
例えば高血圧なら一番に思い浮かべるのが塩分でこれは何となくわかりやすいです。
腎臓病の場合たんぱく質やカリウム、塩分なども制限しないといけないですが、エネルギーはしっかり摂取しないといけないので良質なたんぱく質も摂らないといけなかったりもします。

 

ですから腎臓病の方に料理を作るとなるととても大変だったりするんですよね。
そこでおすすめなのが宅配食事サービスです。
たんぱく質やカリウム、塩分を抑えてかつある程度カロリーも摂取できる腎臓病の方に向いているコースもあるのでそれを利用するのが良いと思います。
管理栄養士監修で料理人が作ってくれていたりするので安心できると思います。

 

レシピやメニューを考えて料理をすることを考えるとコスパはとても良いと思います。

 

腎臓病の方におすすめの宅配食事比較


食宅便

 

食宅便のたんぱくケアがおすすめです。
1食あたり目安たんぱく質13g、塩分2.0g、カリウム500mg、リン270mg以下(※ご飯150gを喫食した場合)に抑えられています。

 

ラインナップもA〜Fまで6種類あって中身は1食5品と多いです。

 

価格は7食4,019円(税別)です。
コスパを考えてもおすすめです。

 

ウェルネスダイニング

 

ウェルネスダイニングのたんぱく&塩分制限気配り宅配食がおすすめです。

 

カロリー300kcal以上、塩分2.0g以下、たんぱく10g以下、カリウム500mg以下となっています。
カロリーもしっかりとれてたんぱく質やカリウムが抑えられているのは嬉しいですね。

 

価格は7食4,500円(税抜)になります。

 

おすすめ宅配食事支援サービス比較
ランキングはこちら↑

ウェルネスダイニングで購入してみたウェルネスダイニング わんまいるで購入してみたわんまいる おまかせ健康三彩で購入してみたおまかせ健康三彩