食事のバランスを考える

食事のバランスを考える

年々増加する高齢者人口ですが、それに伴い「健康寿命」という言葉も認知され始めています。
健康寿命とは、寝たきりにならず元気な状態のままの寿命のことを言います。

 

元気で長生きしていくためには、バランスの良い食事をとることは基本となります。
バランスが良いとはなんでしょうか。

 

そもそも食事は、
炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルの五大栄養素で成り立っています。

 

高齢者になると、食も細くなりますし、
ご飯と味噌汁を食べただけでもしっかり栄養をとっている、と感じている方が多くいます。
しかし、ご飯と味噌汁だけで終わりにしてしまうとほぼ、炭水化物しか栄養素を摂れていません。

 

最近様々なメディアで低栄養という言葉もクローズアップされていますが、
低栄養とはエネルギーとたんぱく質が慢性的に不足した状態をいいます。
たんぱく質をしっかり摂らないわけには、低栄養状態の改善は見込めません。

 

たんぱく質は肉や魚、大豆、卵、乳製品に多く含まれております。

 

バランスが良いとは、この炭水化物のエネルギーとたんぱく質をしっかり摂った上で、
ビタミン、ミネラルが効率良く吸収される仕組みになっています。

 

最近ではこういった栄養を考えた宅配食の利用も増えてきています。
食事は毎日のことですので宅配食を利用したり、
飲んで1本飲んでたくさんの栄養が補給できるような栄養調整食品を利用するのもおすすめです。

おすすめ宅配食事支援サービス比較
ランキングはこちら↑

ウェルネスダイニングで購入してみたウェルネスダイニング わんまいるで購入してみたわんまいる おまかせ健康三彩で購入してみたおまかせ健康三彩

食事のバランスを考える関連ページ

食事のカロリーを考える
食事のカロリーを考える
管理栄養士とは
管理栄養士とは
五大栄養素について
五大栄養素について
一人暮らしで栄養と健康を考えた食事はこれがおすすめ
一人暮らしで栄養と健康を考えた食事はこれがおすすめ
単身赴任の夫のために栄養のある食事を食べさせるならこれ
単身赴任の夫のために栄養のある食事を食べさせるならこれ