五大栄養素について

五大栄養素について

人は食物を摂ることにより体の調子を整えています。
そういった主要な栄養素のことを五大栄養素と呼びます。
五大栄養素には、タンパク質、脂質、無機質、炭水化物、ビタミンがあり、主にタンパク質と脂質、無機質は筋肉や骨を作り、炭水化物とビタミンは体の調子を整えています。

 

肉や魚、乳製品、大豆に多く含まれているタンパク質は髪の毛や爪、皮膚など体のほとんどの部分に必要な栄養素です。
タンパク質には動物性のものと植物性のものがあり、どちらも重要な働きがあります。
タンパク質を取りすぎると太りますが、少ないと脳が働かなくなりぼーっとしてしまいます。

 

脂質は油が主成分で、マヨネーズやバター、肉、魚などに含まれています。
脂質は体温を維持するという大切な働きがありますが、脂質も取りすぎると肥満につながります。
一度脂質を多く取り過ぎてしまうと内臓脂肪にかわり様々な病気を引き起こす可能性もあります。

 

無機質は体で作ることができない物質で食品からのみ摂取することができます。
骨を作るカルシウム、酸素を運ぶ働きがある鉄があります。
どちらも不足すると体に不調をきたします。

 

炭水化物はジャガイモやご飯などに含まれ1日に必要なエネルギーの半分以上を炭水化物から摂取しています。
脳の栄養素とも言われています。
ただし取りすぎると太ることがあります。

 

ビタミンはビタミンA、B、C・・といろいろありそれぞれ働きが違いますが、他の栄養素がうまく働かすのに必要な栄養素です。
レモンやイチゴなどに多く含まれています。

 

 

五大栄養素は体には必要な栄養素です。
バランスよく食事をすることが大事です。

 

といっても脂質やたんぱく質を摂りすぎたりするんですよね。
特にたんぱく質は動物性と植物性があって良質なタンパク質を摂取することが大切です。

 

ちなみに良質なタンパク質とは
「必須アミノ酸がバランスよく含まれているもの」になります。

 

ちなみにアミノ酸には約20種類ほどあって必須アミノ酸は9種類になります。
9種類の必須アミノ酸はこちらのロイシン,イソロイシン,リシン,トレオニン,トリプトファン,バリン,ヒスチジン,メチオニン,フェニルアラニンになります。
これらをバランスよく摂ることが大切です。

 

と言ってもなかなか難しいかと思います。
日本人のほとんどの方が野菜が足りていないという数値が出ています。
肉や炭水化物が多いという方は意識的に野菜を多めに摂取するのを心がけるのが良いのではないでしょうか。

 

とはいえなかなかバランスを考えて食事できるわけではありません。
私は宅配食事支援サービスなどを利用しながら栄養のバランスを摂っています。

 

毎日でなくても良いのでこういった栄養のバランスがとれている食事を摂って調整されるのも良いのではないでしょうか。



目的別におすすめを比較

カロリー制限を考えている方へ

ダイエットなどを考えている方におすすめです。

カロリー制限食おすすめ宅食

塩分制限を考えている方へ

血圧が高いという方におすすめです。

塩分制限食おすすめ宅食


糖質制限を考えている方へ

血糖値が高いという方におすすめです。

糖質制限食おすすめ宅食

たんぱく制限を考えている方へ

腎臓機能が気になる方におすすめです。

たんぱく制限食おすすめ宅食


高齢者向け・やわらかい食べ物

高齢者で柔らかい食べ物を探している方におすすめです。

高齢者向けおすすめ宅食



五大栄養素について関連ページ

食事のバランスを考える
食事のバランスを考える
食事のカロリーを考える
食事のカロリーを考える
管理栄養士とは
管理栄養士とは
一人暮らしで栄養と健康を考えた食事はこれがおすすめ
一人暮らしで栄養と健康を考えた食事はこれがおすすめ
単身赴任の夫のために栄養のある食事を食べさせるならこれ
単身赴任の夫のために栄養のある食事を食べさせるならこれ
病気や怪我で料理ができない!そんなときどうする!?
病気や怪我で料理ができない!そんなときどうする!?